東京都 とんこつ麺 砂田  【ラーメン】

以前ゆきねこは「醤丸」というラーメン屋の記事を書きました。 ( ・ω・)つ醤丸の記事
実はその醤丸初代ご主人が腱鞘炎から復活し、新たに店を開いたとの噂を聞きつけ、早速行って参りました。
その名も とんこつ麺 砂田
ご主人の「砂田」という名前をそのまま店名にしたようです。
場所は同じく目黒区。

画像

※他のお客様のお顔は隠してあります

なんともお洒落な店構え。作りだけみるとカフェのような感じ。
ゆきねこは夜の7時頃に行ったのですが、すでに多少の列が。
入り口に近づくとトンコツの香りがプ~ンっと漂ってくる。 ( ^ω^) ハラヘッタゼ
20分ほど待って席へ。
ああ、親父さんがいる。。懐かしい。昔よく醤丸に通っていた頃見ていたその顔が、目の前に。 (´ヘ`;)

画像

メニューは昔と変わらず。基本ラーメンのみ!そこへトッピングをお好みで。
なぜか「ラムネ」があるのも、醤丸時代と変わっていない。
値段は以前よりも50円上がっているようでした。場所が都内の一等地だけに仕方がない。
むしろ未だに都内でラーメンを一杯650円で出していることが驚きでもある。(2012年現在)
ここに来た目的は「角煮」でもある。醤丸の記事でも紹介したが、砂田さんの作る角煮は絶品なのだ。

「ラーメン大盛り、角煮トッピング、麺・油・味は全部普通で ( ・ω・)/」  「あいよ \( ・ω・ )」

正直、ここの角煮はでかい。でっかいバラブロックが2つもラーメンに乗っかってくる。
大の男でも「角煮大盛り」を注文するのはちょっと迷う。
食い終わる頃にはおなかいっぱいで「ウウウ・・ (´ヘ`;)」 となるのだ。
(ゆきねことしては「200円程度で角煮ブロックを1つ」というメニューを追加してほしい。正直、角煮がおいしすぎて毎回食べたいのだが、2ブロックの角煮では多すぎて最後までおいしくいただけないことが多いのだ。)
しかし、今となっては生息地から遠く、滅多に来店できないゆきねこ。
大盛りで食べたいし、角煮も食べたい! 迷わず大盛り角煮で注文。
ほどなくしてラーメン到着。

画像

イヤッホゥーーゥィイイ!! ( ^ω^)/
これだこれだこれだ!!これが昔よく食ってたあのラーメンだ!!
スープからトンコツの香り、角煮のツヤとボリューム、ネギとほうれん草。 たまらん!!
角煮は2ブロック!!写真に大きく写っているのと同じ大きさの角煮が奥にもう1つ入っている。
いただきやす!!

画像

コクと深みのあるスープ。しかしそれでいてあぶらっこすぎることはない。旨味が強いからどんどんいける。

画像

麺は太ちぢれ麺。いかにも家系といった感じ。
しかしモチモチシコシコしていてうまいうまい。 ( ^ω^) 
スープとの相性も抜群。昔と全く変わらないこの味!懐かしい!

画像

そしてこの角煮が絶品なんですよ!!
箸でちぎれるほど柔らかい。ほのかな八角の香りが、脂っこさを緩和してくれる。
角煮の味付けは少し薄味なのだが、それがスープとめっちゃくちゃ合うのだ。
ほんとに、「このスープのために、作った角煮」という感じである。
うまいうまいうまい! ( ̄~ ̄)モグモグ

画像

おろしニンニク、摩り下ろし生姜、トウバンジャンなどの薬味は自由。
ゆきねこのオススメはなんといってもニンニク!
このラーメンがさらにガツンとインパクトのあるものになります。角煮との相性も素晴らしいのです。
(次の日仕事の時はニンニクは入れられないのですがね ^^;)

画像

海苔はぜひスープに沈めておいて、スープが滲みこんだ状態で麺と一緒にいただいてほしい。
ウメエェェエエエエエエエエ!!!! ヽ(゚∀゚ )ノ

画像

ごちそうさまでした!! (-人-)
後半はやはりお腹いっぱいになってきて、スープを飲み干すことはできませんでした。全部飲みたいのに。。
いやあ、しかし旨かった。砂田さんの作るラーメンは本物だと感じました。
現在二代目が営業している醤丸との違いはなんでしょうか。見た目はほぼ同じです。しかし、内容はかなり違う。
スープは砂田のほうがトンコツの旨味が強く、醤油が少なめ。
醤丸はトンコツの旨味がちょっと弱いです。
脂は醤丸のほうが多いのですが、ちょっと脂っこすぎる。その点砂田は実にちょうど良い。
麺は、おそらく全く同じものを使用しています。しかし、食べてみるとけっこう違うのです。
おそらくゆきねこが思うに、砂田さんは茹でる前にしっかりと手もみをしているからなのではないかと。
砂田さんが茹でた麺のほうが、コシと弾力に満ちているのです。(茹で方が上手いってのもあるのかも。)
あと、砂田さんは麺の湯切りをしっかりと行います。(二代目醤丸ご主人は、湯切りが雑です。)
そういった小さなことが、最終的な完成度に影響してくるのでしょう。
同じ物を作っても、作る人によって全く異なるものになる典型です。
二代目醤丸のご主人には申し訳ないけど、やはり砂田さんの作るラーメンにはまだまだ及びません。
「このスープに合う角煮」と、上述しましたが、砂田さんは1つ1つの要素だけではなく、全体の相性とバランスも考えて作っているように思えます。
そこに強い「ラーメン愛」を感じ、それゆえに完成度に差が出てくるのでしょう。
ラーメン自体は醤丸もがんばっています。なかなかおいしいです。しかし、角煮に関しては砂田の足元にも及ばない。
今は東京から遠く、たまーにしか行けません。
しかし、今後もゆきねこにとって砂田さんの作るラーメンは大切な一杯として君臨し続けるでしょう。
ありがとう!とんこつ麺砂田!! そしてご主人は無理しないでください! (また腱鞘炎になったら残念すぎる!)
腱鞘炎になって閉店するくらいなら、週休3日で!ww

夕方に開店し、夜中まで営業しているお店です。飲んだ後には最高でしょう。(太るけど。)
それではみなさん、ごきげんよう ( ^ω^)/



関連ランキング:ラーメン | 祐天寺駅学芸大学駅



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

インゲン
2012年06月08日 07:26
朝だというのにラーメンが食べたくなってしまったでごわす。
でもカップラーメンしかないのでパンを食べるしかないでごわす。
角煮も美味しそうでたまらないので角刈りにして賀来千賀子さんの事を思う事しか出来ない今日この頃です。               
2012年06月08日 07:50
インゲン様おはようございます。 
核地下子さんはラーメン食いたさにメルトダウンを起こしたようです。
ですので、申し訳ございませんが、角刈りではなく丸刈りにして、瀬戸内寂聴さんのモノマネで乗り切ることをおすすめいたします。
2012年07月15日 21:40
角煮なら和辛子かな。おろしニンニクも良いですね。
2012年07月20日 06:35
ひるまさんこんにちわ! 
角煮に和辛子いいですねえ。
ビールもいいけど、焼酎がまた合うんですよね。 ( ^ω^)
もし芋焼酎ならば、あえて豚の臭みを残して作った角煮なんかも最高だと思います。
おろしにんにくも最高!次の日休みだったら、たっぷりつけて食べたいものです。

この記事へのトラックバック