おすすめCD フェインベルク ピアノソナタ全集

みなさん、サミュエル・フェインベルクという人物をご存知でしょうか?
おそらくピアノ好き、とくにバッハが好きだという人は聞いたことのある名前だと思います。

画像

1890年、ウクライナ・ソヴィエト連邦生まれのピアニスト・作曲家です。
スクリャービンの幻想曲作品28の初演者であるゴリデンヴェイゼルに師事し、モスクワにて活躍しました。
バッハの平均律クラヴィーア曲集をロシアで全曲初演した人物でもあります。
彼の演奏する平均律クラヴィーア曲集は現在まで語り継がれる名演として、バッハマニアならご存知のことと思います。
ゆきねこも、バッハの平均律クラヴィーアならばフェインベルク!というほど、愛聴しております。
フェインベルクの演奏は声部の弾き分けが見事な上に、絶妙なペダリングによってクリアーな音と豊かな音色を同時に達成しています。
そういったピアニストとしての技量の高さから、作曲家としてではなくピアニストとしてより有名です。

バッハ作品を研究したフェインベルクは数々の編曲作品を残しました。
バッハのオルガン曲の編曲などは特に見事なものです。
古今東西あらゆる作曲家や演奏家によるピアノ用バッハ編曲作品がありますが、フェインベルクのそれはそれらの中でも特に優れた作品群と言えると思います。
なにをもって優れた編曲と言うのか、いくつかの意見があると思いますが、逆に「ダメな編曲」というものを考えた場合、「原曲の音をただピアノ用に配分しただけ」というものが筆頭だと思います。
ピアノというのは音を持続することができない楽器です。
1つの音を出したら、その音は徐々に弱まり、消える。
ヴァイオリンやオルガンのように、音をそのまま持続できる楽器ではありません。
だから、持続音を出せる楽器のために作られた曲をそのままピアノで弾いても、「二番煎じ」になるだけなのです。
ではどうしたら良いのか?

1.ピアニスティックであること。
ピアノにはピアノでしか行えない数々の技法があります。それを駆使する。
なおかつ、指使いに無理がなく合理的であること。つまり、ピアニスティックであること。

2.音を持続できないならば、トリルなどで補ったり、音形を変更したりする。
ピアノの音で原曲の豊かな響きを再現するために、場合によっては旋律をオクターブ下げたり、単音を3度・6度・8度などの音で飾り、音色を豊かにする。
つまり、創意工夫に満ちていて、響きが豊かなこと。

3.原曲の音を可能なかぎり再現すること。

これら3つが同時に成立したものは、「名編曲」と呼べると思います。
しかし、独奏用の編曲ともなると、3つめの条件が難しくなる。手の指は10本しかないのです。
そこで重要なのが、

4.捨てて良い音と捨ててはいけない音を取捨選択する。

ということだと思います。
そしてこの4つ目の条件を達成し、かつ1・2・3の条件を盛り込むというのは、ピアノという楽器の特性と響きを深く理解していなければなりませんし、同時に優れたセンスを持っていなければなりません。
このセンスが優れた人は、作曲をしても同じく高いセンスを発揮するものです。
フェインベルクはこのピアノ用編曲というジャンルにおいて、「恐るべき」と形容してもよいほどの才能を発揮しています。

ピアニストとしてバッハを得意としたフェインベルクでしたが、スクリャービンの演奏も得意でした。
自由で豊かなルバートの変化、突発的で移り気な変化と幻想性、そして高いテクニックを兼ね備えた演奏は、スクリャービン自身からも絶賛されたといわれます。
そんなフェインベルクは作曲においても高い才能を見せてくれます
3曲のピアノ協奏曲や12曲のピアノソナタ、その他の小品などを残しています。
前置きが長くなったわけですが、、今回紹介したいのはこれ。

画像

フェインベルク ピアノソナタ全集


BISレコードより発売されたこの全集。ゆきねこにとってとても大切な1枚です。(Vol.1とVol.2で2枚あります。)
ちなみにBISレーベルは無名な作曲家の作品集などが多いレーベルで、ゆきねこが非常に好きなレーベルの1つです。
フェインベルクは12曲のピアノソナタを残しました。
その質、その量、ゆきねこは個人的に20世紀のピアノソナタとして決して無視できない存在だと思っています。
BISレーベルは有名・無名に関わらず技量の高い演奏家を起用します。
今回この作品集で演奏を担当するのは、ニコラオス・サマルタノスとクリストフ・シロドー。
2人が番号ごとに担当して、12曲のソナタ全集を完成させています。
(1,4,5,9,10,11番をサマルタノス、それ以外をシロドーが担当しています。
ちなみにシロドーは作曲家でもあり、Altarusレーベルから彼の作品集が出ています。)
さてその演奏ですが、素晴らしい!の一言。
特にサマルタノスの技量の高さには舌を巻く他はなく、BISは一体どこからこんな逸材を探してきたのかと思うほどです。
ところで、自身が非常に優れたピアニストでもあったフェインベルクは、なぜ自作のソナタの録音を残さなかったのか?
「実は全集録音に挑もうとしたが、あまりに難しすぎて満足できる演奏ができなかったため、断念した。」
という話があります。
それくらい、フェインベルクのソナタは技巧的に極めて難易度の高い曲ばかりです。
また楽曲構造も複雑なものが多く、楽譜を見るだけで頭が痛くなるようなものが多い。
サマルタノスとシロドーはこういった技術的困難を克服し、かつ曲の魅力を最大限に引き出してくれる演奏をしています。
フェインベルクの作品はスクリャービンの影響が強いと思います。
スクリャービンの多声部書法と半音階趣向を発展させ、ピアニスティックな技巧で独特の音世界を構築しています。
調性感の強い1番、2番、3番、最も前衛的な作風を見せる4番、5番、6番、7番、8番、全音階や対位法などの要素を実験的に使用する9番、10番、バッハの影響が色濃い11番、フランス印象派のような印象を与えてくれる12番。
どのソナタも非常に個性的な傑作ばかりです。
1番から3番までは調性音楽を発展させた初期作品、4番から8番までは前衛的な作風へ進んだ中期と言えると思います。
その後、9番から前衛的な無調傾向が弱まりますが、これにはソ連のジダーノフ批判などが関わっているようです。
ソ連はスターリン時代から「社会主義リアリズム」を標榜し、「プロレタリア芸術」を奨励するようになります。
その逆を「貴族趣味」として、社会主義に反するものとして弾圧したのです。
簡単に言うと、音楽で言えば無調傾向などの前衛的なもの、美術の世界ではシュールレアリズムなどの抽象画などは「貴族趣味的で、労働者的ではない」ということで弾圧対象となったのです。
ジダーノフ批判はその最たるもので、「前衛的である」と認定された作風の芸術家は社会的地位を剥奪されました。
ナチスドイツが「退廃芸術」として、抽象芸術などを迫害したのと似ています。
現代ではあまりピンときませんが、この時代は「自由な表現を追及する」ということは命がけでした。
スクリャービンはロマン主義音楽を発展させ、その後無調により神秘を表現するという技法へ進みました。
スタンチンスキーはスクリャービンに影響されながらも旋法の発展から調性逸脱へと進みました。
彼らの作風をさらに発展させ、前衛的な音楽を創ろうとした作曲家を総じて「ロシア・アヴァンギャルド」と呼びます。
スクリャービンとスタンチンスキーの2人が、ロシア・アヴァンギャルドへの道を開いたのです。
フェインベルクは、このロシア・アヴァンギャルドと呼ばれる芸術家に属します。
しかし当時のソヴィエト社会主義は、そのような芸術傾向を善しとはしませんでした。
つまり、
「将軍様を称える、庶民にもすぐに理解できるような曲だけ作れ。」ということです。
「新しい表現を創造する」というのは芸術家にとって魂のようなもの。
社会主義リアリズムというのは、芸術家にとって魂を奪われるにも等しいものでした。
ショスタコーヴィチはこの社会主義リアリズムと弾圧に翻弄された作曲家としてみなさんご存知だと思います。
「表現は命がけ」と書きましたが、アレクサンドル・モソロフという作曲家は実際に強制収容所へと送られました。
彼が創る曲は、「反ソヴィエト的である」という理由でした。(完全な言い掛かりでした。)
こうしてロシア・アヴァンギャルドの作曲家達は茨の道を進むことになったのです。
中には亡命した人もたくさんいます。
しかし、20世紀の音楽において、最も個性的で新しい表現を生み出した作曲家はソ連に多い。
迫害や弾圧というのは、芸術家の魂をなおさら燃え上がらせるという皮肉があるのかもしれません。
フェインベルクは亡命という道を選ばずに、「とりあえず、表面的には社会主義リアリズムに従ってるように見せとく」という道を選びました。そういうところはショスタコーヴィチに通じる部分があるのかもしません。この時代のソヴィエトの作曲家はほとんどみんなそうしていた、とも言えますが。。また、フェインベルクはピアニストとしてスターリンに気に入られていたようで、それが弾圧を上手く逃れる要素になったのかもしれません。
長くなりましたが、そういった社会主義リアリズムによる迫害と、彼のソナタの作風変化が大いに関わっているのです。
しかし9番以降のソナタにおいて前衛趣味は弱まったにも関わらず、依然として極めて個性的な作風を維持しています。
そこには上で述べたように旋法やリズム書法、対位法などの創意工夫が大きく関わっているわけですが、それらが見事に作品に反映され、新しい音世界を構築しているのは、フェインベルクの才能の高さと言う他はありません。
ところでスクリャービンが亡くなったのは1915年、スタンチンスキーが1914年(生まれはスクリャービンが先)。
ロシア革命が1917年ですから、この2人が革命以前に亡くなったのは、ある意味幸福だったのかも。。


ゆきねこがフェインベルクのソナタの中で特におすすめしたいのは、1番・3番・4番・9番です。
1番はゆきねこが思う「この世で最も美しいピアノ曲」の候補の10曲に入ります。
幻想的で淡いその音世界は、フェインベルクの心の中にある美しい世界を反映しているかのようです。
情熱的な表現で聴く者を圧倒する3番は、彼の初期作品の最後を飾る大作と言えるのではないでしょうか。
複雑なリズム書法で新しい響きを追求した4番は、実に個性的で聴いていて楽しい。
無調傾向を示していますが、スクリャービンの後期作品とも違う雰囲気を持っていて、フェインベルク独自の世界が開拓されたと感じさせてくれます。
無調傾向から離れて簡素な表現へと進んだ9番は、8番までの複雑な表現とは一線を画しますが、旋法を駆使した独特な音世界が印象的です。スクリャービンよりもスタンチンスキーの影響が強く感じられます。
全音階の動きが生み出す浮遊感と、透明な空気を連想させてくれる音使い、キラキラとしたピアノの音色が印象的です。
9番などは楽譜を見ると非常にシンプルな印象を受けるのですが、実際に音を聴いてみるとなんとも不思議な印象を受けます。「とりあえず社会主義リアリズムに従ってるように見せておいて、実は中身は前衛的」という離れ業を成し遂げているのは、フェインベルクの才能によるものだと思います。

画像

ピアノソナタ第9番 冒頭部分


これ以外にもヴェネツィア国際現代音楽祭で高い評価を受けたピアノソナタ第6番や、ゆきねこは「食虫植物」を連想してしまう怪しい響きの8番、リズム書法が面白い10番、バッハの影響が強い11番など、聴きどころいっぱい!
「とにかく、聴いてみてくれ!この作曲家は一流だとわかるから!」とゆきねこは言いたいのです。
しかし、人には好みというものがあります。
フェインベルクを楽しむには、無調傾向に抵抗がないという条件が必要かもしれません。
スクリャービンの後期音楽が抵抗なく聴ける耳があれば、問題ないと思います。
もし抵抗がある人だったら、ピアノソナタ第3番までの初期作品だけをおすすめします。
ちなみにゆきねこは好きな作曲家がたくさんいますが、
「最も好きな作曲家を3人だけ選べ!」と問われれば、
ショパン ラヴェル スクリャービン!!
と答えます。だからこれらの作曲家が好きならば、フェインベルクも好きな可能性が高いのではないでしょうか。
(5人ならば、ここにフェインベルクやスタンチンスキーなどが、10人ならばアルベニス、メトネル、リスト、フランク、プロコフィエフなどが入ってきます。20人ならば、、キリがない。。)
しかしとりわけ重要なのが「スクリャービン」だと思います。
スクリャービンの影響を色濃く受けたフェインベルク音楽は、「スクリャービン好き」の人に特におすすめできるのです。
サマルタノスとシロドーの演奏は、「自由なルバート変化、多彩な音色、突発的で豊かなアーティキュレーションの変化、そして高い技巧」という言葉で形容できると思います。
以前ゆきねこはスクリャービンの幻想曲の記事で、( ・ω・)つスクリャービン 幻想曲作品28聴き比べの記事
「スクリャービン音楽は楽譜に忠実に正確に演奏するだけでは、魅力的な演奏にはならない」と書きましたが、フェインベルクの音楽でも全く同じことが言えると思います。
スクリャービンの自作自演の録音を聴けばわかりますが、スクリャービンは楽譜には書かれていないアゴーギクやデュナーミクの変化を盛り込んだ演奏をしています。
そして、それが非常に魅力的で、スクリャービン音楽の良さを最大限に引き出しているのです。
(詩曲Op32-1や、マズルカOp40-2の演奏などがその代表格)
そして同じく「豊かで自由なルバート、アーティキュレーションの変化」を持ったフェインベルクの演奏をスクリャービンは高く評価しました。
当然スクリャービンの影響が強いフェインベルクの音楽においても、やはりそのような「突発性や変化」というのが重要なのではないかと思えるのです。
そしてその点、サマルタノスやシロドーはよく理解し、フェインベルク音楽の魅力を最大限に引き出す演奏をしています。
この点を持って、また、全ピアノソナタを収録しているという点を持って、この全集をおすすめします。
ピアノソナタ第6番や第7番、第11番などは原田英代やジョナサン・パウエル、Peter.Paul.Kainrathなどといったピアニストの演奏も存在するのですが、やはりサマルタノスとシロドーの演奏に分があると思います。
(ちなみに、上のほうに書いたAltarusレーベルから出ている「クリストフ・シロドー作品集」にて、ジョナサン・パウエルがピアノを担当しています。シロドーとパウエルは親交があり、かつレパートリーに同じくフェインベルクを持っているのです。)
「ひたすら楽譜に書いてあることに忠実」な演奏を求める人には、上にあげた他の演奏家によるものなどが良いのでしょうが、そもそもそういった人にはフェインベルクやスクリャービンの音楽は肌に合わないような気がします。


フェインベルク:ピアノ・ソナタ集 [Import]
Bis
2004-03-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フェインベルク:ピアノ・ソナタ集 [Import] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


フェインベルク:ピアノソナタ集 Vol.2 [Import]
Bis
2004-05-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フェインベルク:ピアノソナタ集 Vol.2 [Import] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


CDほどの良音質ではありませんが、Youtubeにピアノソナタ第1番の楽譜つき動画がありましたので、貼っておきます。





さて、だいぶ上のほうで「フェインベルクは編曲の才能が素晴らしい」と書きましたが、編曲作品を聴くことができるCDの中からおすすめをいくつか紹介したいと思います。
フェインベルクの編曲作品の中で非常に有名なものの1つに、
「チャイコフスキーの交響曲第6番、第3楽章のスケルツォのピアノ独奏用編曲」というものがあります。
この編曲、原曲の音を可能な限り拾い、かつピアニスティックな表現と創意工夫に満ちた、
「ピアノ編曲界の中でも特筆すべき名編曲」なのです。
この編曲を聴いていただければ、いかにフェインベルクの編曲の才能が高いかがわかっていただけると思います。
あまりにも音の配分が上手なものだから、独奏ではなく2台用編曲かと思ってしまうほどです。
そしてその演奏で最もおすすめしたいのが、ワディム・ルデンコによるもの。

カプースチン:ピアノ・ソナタ第9番
オクタヴィアレコード
2010-11-17
ルデンコ(ワディム)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カプースチン:ピアノ・ソナタ第9番 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


一時廃盤になりましたが、現在は購入できるようになっています。
またありがたいことに、MP3ダウンロード版も出たようです。
このアルバム、これ以外の記事で「おすすめCD」として単独で紹介したいほど強力におすすめできるアルバムです。
同時収録しているブラームスのパガニーニ変奏曲第2巻なども、古今東西最高の演奏だと思っています。
その他、カプースチンのソナタ第9番やプレトニョフ編曲によるくるみ割り人形など、非常に素晴らしい演奏です。
ルデンコはあらゆるピアニストの中でも特に技巧レベルが高いピアニストです。
ゆきねこのフェイバリットピアニストの1人ですが、あまり有名とは言えず、廃盤が多いのが残念です。
ちなみに、フェインベルクのスケルツォ編曲の演奏は、ヴォロドスによるものがより有名です。

Piano Transcriptions / Arcadi Volodos
Sony
1997-07-03
Arcadi Volodos

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Piano Transcriptions / Arcadi Volodos の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


このアルバムの中に収録されています。
しかし、テンポ、技巧、リズム、どれをとってもルデンコの演奏に分があります。
唯一最後のグリッサンド連続の部分で、ルデンコの演奏には音つぶれがありますが、それ以外は完璧。
ヴォロドスの演奏が80点だとしたら、ルデンコの演奏は95点。それくらいの差があります。
しかしヴォロドスのこのアルバムにはフェインベルクのバッハ編曲作品(特に有名な「トリオソナタ第5番の第2楽章 ラルゴ」の編曲)、その他にもシフラやホロビッツによるピアノ編曲作品なども収録されていて、どれも演奏水準が極めて高いので、やはりピアノ好きなら絶対に買って損はないアルバムです。

バッハ編曲作品を収録したものに、ハイペリオンレーベルから出ているマーティン・ロスコーによるアルバムがあります。

Piano Transcriptions 4
Hyperion UK
2004-10-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Piano Transcriptions 4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

無難な演奏に終始していて、決して「名演奏」というほどではないのですが、丁寧でよくまとまっています。
フェインベルクによるバッハ編曲のほぼ全てが収録されているので、フェインベルク編曲を知る上でも価値ある1枚です。

しかし、ここまで書いてきて思うことは、、「書き足りない!!」
フェインベルクのことも、ロシア・アヴァンギャルドのことも、まだまだ言うべきことがたくさんあるのに。。 
ウェブリブログの文字数は2万文字が上限なのです。 (つω-`。)
せめて3万文字にしてはいただけないでしょうか?ウェブリブログさん!
子供の頃、作文を書くとき、言いたいことが多すぎて400文字では足りなくなっていたゆきねこ。。
三つ子の魂百までもなのでしょうか。。  ヽ(`Д´)ノ作文は最低20万文字はくれ!!

それではみなさん、、ごきげんよう! (;^ω^)/


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

あお
2012年06月19日 07:14
ブログで文字数上限いくってすごいおww
私は作文で文字を埋めるのに苦労した派でした(´Д`)
2012年06月20日 19:16
あおちゃんこんちゃ! 
いやー、おしゃべりなゆきねこは喋れば時間が足りず、
書けば紙が足りないのです。
ブログは写真やリンクの貼り付けの文字列も文字数に加算されるので、
正直3マソ文字ではきついものがあります。 (^ω^;)
せめて4マソ、できれば5マソほしいです。

この記事へのトラックバック