テーマ:ピアノ・音楽・クラシック

おすすめCD プロコフィエフのソナタとピアノ協奏曲

たまには音楽の記事も書かねばということで、今回はプロコフィエフのおすすめCDを。 ロシアを代表する作曲家の1人、プロコフィエフ。 その風貌はさながら、「怖くないプーチン」「KGBで殺しを学ばなかったプーチン」といった感じ。 極めて独創的な作風で、機能和声を重視せずに単調な和声や旋律を多様な形に変形していくような曲が多い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめCD フェインベルク ピアノソナタ全集

みなさん、サミュエル・フェインベルクという人物をご存知でしょうか? おそらくピアノ好き、とくにバッハが好きだという人は聞いたことのある名前だと思います。 1890年、ウクライナ・ソヴィエト連邦生まれのピアニスト・作曲家です。 スクリャービンの幻想曲作品28の初演者であるゴリデンヴェイゼルに師事し、モスクワにて活躍しました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おすすめCD ニコライ・ペトロフの演奏

ゆきねこ、大好きなピアニストは何人かいます。 ニコライ・ペトロフもその1人です。 残念ながら、去年(2011年)の8月にお亡くなりになってしまいました。 まあこう、、、おデブなんでございますな。 「ロシアのハイテク戦車ピアニスト」とか言われることもありまして。まあ体がでかい。 手もでかい、指もでかい。「黒鍵と黒鍵の間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シプリアン・カツァリス ピアノリサイタルに行ってきました

ゆきねこはピアノが好きなので、当然ピアニストも好きです。 好きなピアニスト、敬愛するピアニストはたくさんいるのですが、その中でも特に敬愛する1人がシプリアン・カツァリスです。 見るからに変人である。ギリシャ系のフランス人である。 信じられないような難曲を見事に弾きこなすスーパーヴィルトゥオーソと言えばこの人の名前が必ず出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめCD フランク、オルガン作品集 (ジャン・ギュー)(マイケル・マレイ)

ゆきねこはピアノ曲が特に好きなのですが、器楽曲は全般的に好きです。 中でもオルガン、ヴァイオリンの独奏曲などが大好物。 そこで今回はオルガン音楽の優秀なアルバムを紹介したいと思います。 オルガンと言えばバッハの名前が浮かぶと思います。 というか一般的にはバッハ以外のオルガン作曲家はあまり認知されていないと思います。 バッハはバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CD聴き比べ スクリャービン 幻想曲 作品28 (まとめ)

冷蔵庫の中はいつもスクリャービンでいっぱい!というほどスクリャービンが好きなゆきねこです。                              気持ち悪いわ!!! 今回、1つの曲のいろいろなピアニストによる演奏を聴き比べるという非常にマニアックな記事を書かせていただきました。 ( ・ω・)つ (その1) (そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

CD聴き比べ スクリャービン 幻想曲 作品28 (その4)

前回までの記事はこちら ( ・ω・)つ(その1) (その2) (その3) 次はロベルト・シドンの演奏です。 非常にダイナミックな演奏です。 使用しているピアノやその状態によっても当然音色は変わってきますが、金属的できらびやかな音でガンガン響かせています。 この金属的な音は個人的にはアシュケナージを連想します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CD聴き比べ スクリャービン 幻想曲 作品28 (その3)

スクリャービンの幻想曲聴き比べ(その3)でございます。 前回、前々回はこちら。 ( ・ω・)つ (その1) (その2) 次はゲンリヒ・ネイガウスの演奏。 日本で非常に有名なスタニスラ・ブーニンは彼の孫です。(ブーニンは奥さんが日本人。家も日本にある。) さて幻想曲の演奏ですが、うーん、なんと形容したらいいのでしょうか…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

CD聴き比べ スクリャービン 幻想曲 作品28 (その2)

スクリャービンの幻想曲聴き比べ(その2)でございます。その1はこちら さて、次はアレクサンダー・ヴァウリンの演奏です。 ヴァウリンはモスクワ生まれ、モスクワ育ちのピアニストです。 グネーシン音楽大学、モスクワ音楽院で学び、パウル・バドゥラ=スコラなどに師事したようです。 さて幻想曲の演奏ですが、まず冒頭、第1主題の歌い方が上…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

CD聴き比べ スクリャービン 幻想曲 作品28 (その1)

自分が最も敬愛する作曲家をあえて1人あげるとするならば、おそらくスクリャービンだろう。 ロシアを代表する作曲家であり、全ピアノ作曲家の中でも最も重要な人物の1人である彼の作品はおおまかに、初期、中期、後期に分けることができる。 初期はショパン・ロマン派の模倣からスタートし、さらに半音階的に複雑な和声を発展させ、中期ではさらに個性的な…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more