テーマ:聴き比べ

CD聴き比べ スクリャービン 幻想曲 作品28 (まとめ)

冷蔵庫の中はいつもスクリャービンでいっぱい!というほどスクリャービンが好きなゆきねこです。                              気持ち悪いわ!!! 今回、1つの曲のいろいろなピアニストによる演奏を聴き比べるという非常にマニアックな記事を書かせていただきました。 ( ・ω・)つ (その1) (そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

CD聴き比べ スクリャービン 幻想曲 作品28 (その4)

前回までの記事はこちら ( ・ω・)つ(その1) (その2) (その3) 次はロベルト・シドンの演奏です。 非常にダイナミックな演奏です。 使用しているピアノやその状態によっても当然音色は変わってきますが、金属的できらびやかな音でガンガン響かせています。 この金属的な音は個人的にはアシュケナージを連想します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CD聴き比べ スクリャービン 幻想曲 作品28 (その3)

スクリャービンの幻想曲聴き比べ(その3)でございます。 前回、前々回はこちら。 ( ・ω・)つ (その1) (その2) 次はゲンリヒ・ネイガウスの演奏。 日本で非常に有名なスタニスラ・ブーニンは彼の孫です。(ブーニンは奥さんが日本人。家も日本にある。) さて幻想曲の演奏ですが、うーん、なんと形容したらいいのでしょうか…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

CD聴き比べ スクリャービン 幻想曲 作品28 (その2)

スクリャービンの幻想曲聴き比べ(その2)でございます。その1はこちら さて、次はアレクサンダー・ヴァウリンの演奏です。 ヴァウリンはモスクワ生まれ、モスクワ育ちのピアニストです。 グネーシン音楽大学、モスクワ音楽院で学び、パウル・バドゥラ=スコラなどに師事したようです。 さて幻想曲の演奏ですが、まず冒頭、第1主題の歌い方が上…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

CD聴き比べ スクリャービン 幻想曲 作品28 (その1)

自分が最も敬愛する作曲家をあえて1人あげるとするならば、おそらくスクリャービンだろう。 ロシアを代表する作曲家であり、全ピアノ作曲家の中でも最も重要な人物の1人である彼の作品はおおまかに、初期、中期、後期に分けることができる。 初期はショパン・ロマン派の模倣からスタートし、さらに半音階的に複雑な和声を発展させ、中期ではさらに個性的な…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more