血液サラサラ? 玉ねぎ氷

ゆきねこは10代の頃からちょっと血圧が高めです。
高血圧は様々な合併症を引き起こす可能性があるので血圧を下げるに越したことはない。
しかし降圧剤などは副作用も多く、出来れば薬を使用しなければならなくなる前に普段から血圧に気を付けた生活を心がけるのが良い。
そこでおすすめなのが玉ねぎです。
玉ねぎに含まれる硫化アリルという物質が血液の凝固を防ぎ、血圧改善効果があるらしい。
おまけに血糖値や中性脂肪を下げる効果もある。
昔から言われていたそうですが、最近になって実際に効果があるという研究結果が出てきています。
そこで普段の食事に玉ねぎを取り入れて、生活習慣病を予防したい!
しかし毎日玉ねぎを使った料理を作るのは手間がかかる。
そこでおすすめしたいのが玉ねぎ氷です。

作り方は簡単!
まず玉ねぎを適当な大きさに切ります。(串切りがおすすめ)

画像

この写真は玉ねぎ2個分を串切りにしたもの


そしてここで、10分ほど放置します。
というのも、玉ねぎの健康成分は空気に触れることで増えるらしいのです。
間違っても水にさらしてはいけません!
せっかくの健康成分がほとんど水に流れてしまうそうです。


10分ほど空気に触れさせたら電子レンジでチンします。
大体玉ねぎ2個分で600ワット、7分くらいが丁度良いです。

画像

しっかりと火が通ってしんなりした玉ねぎ

玉ねぎから出てくる汁も健康成分たっぷりなのでそのまま全て使います。
(熱々だから気を付けてね!)

ところで、玉ねぎの皮も利用します。
実は玉ねぎの皮には血管保護効果を持つケルセチンという物質が玉ねぎ本体の20倍以上も入っているのです。
ドラッグストアなどで「玉ねぎの皮茶」って売ってるでしょ。(・ω・)
別にわざわざ皮茶を買わないでも自分で皮を煮出せば皮茶の出来上がりです。

画像

こうやってやかんに玉ねぎの皮と水を入れて、

画像

煮出せば出来上がり!

麺つゆのように色づきます。玉ねぎの皮茶の完成です。
クセや苦みなどもほとんどないので、そのまま水代わりに飲んでも良し。
また、例えば料理を作る時に水代わりに使用しても良いです。
(味に影響はほとんどありません。強いて言えば色は変わってしまうので、カレーなど色の濃い料理に使うと見た目への影響も少ないと思います。)

ほんでもって先ほどチンした玉ねぎをミキサーにかけます。
大体トロトロになればOK。
そして製氷機にミキサーにかけた玉ねぎを流し込みます。

画像

こんな感じで

大体玉ねぎ2個分で作ると、製氷機2つに流し込んで少し量が足りないくらいになります。
そこで先ほど煮出しておいた玉ねぎの皮茶を流し込み、足りない量を調整。

画像

こんなかんじ

マーブルっぽくなっている部分が皮茶を足した場所です。(麺つゆじゃないよ)
粗熱が取れたら冷凍庫に入れて1日。それだけで完成です。

画像

できればこのように、蓋付きの製氷機を使用してください。
なぜならば玉ねぎ液は水よりも粘性があるので、凍った時に取り出しにくいのです。
蓋を閉じたまま製氷機の裏側を水、もしくはお湯で数秒流せば簡単に氷を取り出せます。

画像

ジャン! 完成!

氷を取り出したらジップロックなどに入れて冷凍庫で保存すればOK!
これならば毎日玉ねぎを手軽に摂取できます。
お味噌汁などに入れても良し。この氷を料理に使っても良しです。
玉ねぎの甘味がたっぷりなので、健康効果だけではなく単純に美味しいです。
実際に味噌汁などもこの玉ねぎ氷を入れたほうが味に深みが出ます。
炒め物に入れても良いし、使い方は無限大!
一回作っておけば、一週間以上楽に玉ねぎを摂取できます。

画像

こちらは21個の氷が作れる製氷機

画像

サイズは小さめですが、一度にたくさん作れるのでおすすめ!

小さめサイズで大量に作れば、次に作るまでの期間が長いので楽! (^^)/
こういうものは一回の摂取量よりも継続が大切。
より楽な方法で続ける事をおすすめします。
トマトジュースに氷代わりに入れて飲むのも良いですよ!
甘味が増しておいしくなります。

さて、玉ねぎ氷を食べ続けて実際に血圧はどうなったのか?
下がりましたよ!
ただし、ウォーキングなどの運動も心がけていたので玉ねぎだけの効果ではないと思います。
血圧を下げるだけではなく、動脈硬化の予防にもなる玉ねぎ。
毎日食べるのはめんどう!という人におすすめしたい、玉ねぎ氷の話でした。

それではみなさん、ごきげんよう ( ^ω^)/~~~


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック