ポーランドの食べ物について

突然ですが、ポーランドの食べ物についてちょこっと書きたいと思います。
まず単刀直入に言って、「ポーランドは飯がうまいのか?」ということですが、
これは残念ながら「どちらかというと食べ物がおいしい国ではない」と言えると思います。
これは決して「まずい」という意味ではなくて、中華・フレンチ・イタリアン・スペイン料理・トルコ料理・和食などに慣れ親しんだ口の肥えた日本人を満足させてくれるほどではないという意味です。
しかしながらポーランドの食べ物にも特筆すべき「おいしい物」が存在致します。
それは、ビール・おつまみ・スープ だと思います。
メインディッシュはいまいちなのに、なぜか前菜やおつまみがおいしい。
これはお隣の国、ドイツと非常に似ているのかもしれません。

まず第一にビールなのですが、これは
本当にすごくうまい!
と、声を大にして言いたいくらいです。
ポーランドの代表的なビールはジヴィエツ・ティスキェ・レフ・オコチムの4つです。
その中でも最もポピュラーなのがジヴィエツです。日本で言うと、キリンとかアサヒなのかな?

画像

あまり良い写真がなくて申し訳ありません。 (つω-`。)
このジヴィエツなんですが、そりゃあもう本当においしいのです。(ワタクシの好みというのもありますが)
「日本のビールメーカーはヨーロッパではあまり売り込みかけないのかなあ?」
などと思っていたユキネコでございますが、ジヴィエツを一口飲んで、
「・・・・・ こりゃ、日本メーカーは参入の余地ないわ。。」と思いました。
少なくともワタクシが知る日本メーカーのどのビールよりもおいしいのです。
(ちなみにワタクシはエビスビール、プレミアムモルツ、一番絞りなどが好きです。)
ホップの香りが非常に豊かで、のど越しやキレも良く、それでいて麦の旨みも深い。
 「ポーランドってこんなにビールおいしいの!?」 
と、正直驚きました。
エビスビールをさらにおいしくしたようなビール。
非常に気に入ったので日本に帰ってから購入したいと探したのですが、どうも日本国内では販売していない模様。
ドイツビールなどを豊富に取り揃えるお店でもジヴィエツは取り扱っていないようで。。
ワタクシはジヴィエツの他にはティスキェを飲みました。
ティスキェはジヴィエツよりも軽い飲み口で、すっきりとしていました。
個人的には断然ジヴィエツをおすすめいたします。

ところでポーランドではビールを頼むと日本の居酒屋よろしく「つきだし」が付いてきます。

画像

多くの店で出てくる一般的なつきだしがコレ。
「なんやら黒いパン」「ピクルス」「変なペースト」です。
まずこの黒いパンはドイツでよくあるような酸っぱいパン。ボロボロとした食感が楽しい。
この酸味の利いたパンがビールによく合う。
ピクルスは日本でもおなじみの普通のピクルス。
そして「変なペースト」ですが、、写真の奥に見える白いペーストはサワークリームのようなペースト。
手前が、「コロッケの中身をつぶしたもの」という形容がピッタリのもの。
ジャガイモとひき肉を炒めて潰してラードを混ぜた?ような感じ。
これをパンにたっぷりと塗って食べる。そしてビール。
うまい。非常にうまい。
もうこれだけでいいんではないかと思うほどうまい。どんどんビールが進む。

画像

どのお店に入ってもこの「コロッケの中身ぶっ潰しペースト」は一般的なようで、高確率で出てきます。
黒パンとコロッケペーストとビールでやってるとけっこうお腹いっぱいになってしまいます。

画像

他にもニシンの酢漬け「シレチ」や、

画像

「なんかハムみたいなソーセージみたいな、ドイツ人がしょっちゅう食ってそうなやつ」
など、ビールのおつまみ系に外れはほとんどなく、おいしいものばかりでした。

さてポーランドにはもう1つ特筆すべきおいしいものが。
それはスープでございます。
その中でも最も一般的なのがジューレック(Zurek)。
日本で言えば味噌汁のようなもので、「ジューレックのない食卓なんかあるか!!」というくらいポーランドでは一般的なもの。
発酵したライ麦のスープで、ゆで卵とサラミっぽいソーセージが入っていることが多い。

画像

これが、極めてうまい。 極めてうまい。 極めてうまい。  ※大事なことだから3回言いました
「ポーランドはスープがうまい」と言われる所以でございます。
本当においしいのです。ほのかな酸味があり、コクが強くもスルっと食べられるスープ。
病み付きになるような不思議な魔力があります。
日本の味噌汁がピンきりであるように、このジューレックも店や家庭によって味は色々。
もちろん当たりもあれば外れもありますが、当たりのお店のジューレックは本当に唸るほどうまい。

画像

他にもクラムチャウダーのようなスープや、

画像

松屋のチキンカレーみたいなスープなど、基本的にスープはどれを食べてもおいしい印象でした。
ですがなんと言っても一番のおすすめはジューレック。
今写真を見てもヨダレが出るほど。
ポーランドへご旅行の予定がある方はぜひジューレックのおいしいお店を探して食べ歩きをしてみてください。

ああそうそう、スープでもたった1つだけいただけないものがありました。
それがこちら、、

画像

ボルシチ。。
どうも「ボルシチはロシアよりもポーランド」と言われるくらいだそうですが。。
ワタクシがいただいたボルシチははっきり言って「まずかった」です。
福神漬けの残り汁を温めただけ」という形容がピッタリの味が致しました。
お店が悪かったのか?しかし実は非常に高級なお店でいただいたのです。
ポーランドは総じて庶民的な食堂のほうがご飯がおいしいイメージがありました。
いずれ再訪する機会がありましたら、大衆食堂でボルシチに再チャレンジしてみたいものです。


さて、おつまみとスープ以外の食べ物の話ですが、うーん。。
人にお勧めできるほどうまくはないし、まずくもない。といった印象でした。
基本的に「何を食べてもうまい」というスペインやイタリアのような国とは全然違います。
ビール、つまみ、スープ、以上!それがポーランド。ドイツに近いイメージです。
ですがとてもおいしいお料理がありましたのでそれをご紹介。

画像
ビゴス

要は「野菜と肉を長時間かけて煮たやつ」なのですが、これが地味においしい。
ビールのあてに最高!
そう、やはりこれもおつまみっぽい食べ物なのです。こういうおつまみっぽい食べ物は全部おいしい。

画像
ポーランド風ギョウザ「ピエロギ」

代表的なポーランド料理の「ピエロギ」など、おいしいことはおいしいのですが。
うーん。。

画像
魚焼いたやつ

画像
肉焼いてポテト添えたやつ

「おつまみとスープ以外の料理は口の肥えた日本人を満足させるには厳しい」という感じ。
ビールとおつまみがおいしすぎて、他が霞んでしまうだけかもしれませんが。。
でもおいしくないわけではありませんよ!(フォローになってない (^ω^;)
「日本人を満足させてくれるほどのおいしい食事は期待しないほうが良い」ということです。

画像
高速のPAで買ったサンドイッチがどの料理よりもおいしかったのが悲しい(^ω^;)



実はポーランド、「おいしくない」とはっきり言えるものがありました。
それは、、

画像

画像

画像

なんとデザート!!
これがおいしくない。いや、まずくはないんですよ。
でもおいしくない。本当においしくない。
いずれ当たるだろうとどの店でもデザートを注文したけど、全部おいしくない!
食感が悪かったり、いまいち甘みのバランスが変だったり、フランス菓子を素人がマネして失敗したようなのばかり。
日本のデザートってすごいんだな。。 」
と思いました。。
ポーランドは乳業が発達した国なのでアイスクリームがおいしいという話を聞いていたので、アイス・ソフトクリームも食べました。

画像

すごくおいしそうでしょう?
これが、全然おいしくないんです。 (^ω^;)
もう本当においしくない。どの店で食ってもおいしくない。
ポーランドへ行ったことのある友人にそのことを話したら、

「えー!? おいしいよ?」 とのこと。
そこでワタクシが「でも日本のアイスのほうが圧倒的にうまくない?」と言ったら、
「ああ。それはそうだね。。」と。
つまり、そういうことなのです。日本のデザートはおいしいのです。
ポーランドでデザートを食べる必要はないと思われます。


ちょっと悪口のようになってしまったけど、それを跳ね除けるほどポーランドのビールはおいしいです。
ビール、おつまみ、スープ、この3つは大変美味な国でございます。

ちなみにポーランド人は本当に親日です。
ですが恥ずかしがりやで英語が日本人よりはるかに苦手です。
親切だけど朴訥としているポーランド人はとてもかわいらしい印象を受けました。

画像
「アイスコーヒー」を頼むと「コーヒーフロート」がやってくる


自然は豊かで歴史的建造物も多く、非常に美しい国です。
人々も親切でかわいらしい。
物価も安いからドイツやフランスでは5万円もしそうな古城ホテルに8000円くらいで泊まれたりします。
「スープとおつまみ以外はあまりおいしくない」などと書きましたが、
いずれにしてもポーランド最高! ジヴィエツ最高!
ピアノの詩人ショパンの国でもあります。興味のある方はぜひ一度。

それではみなさんごきげんよう ( ^ω^)/~~


この記事へのコメント

2014年01月17日 00:51
おいしそうですね。私も一週間でポーランドをぐるりと回るという無理なツアーに参加したことがありますが、たくさんの種類のスープあって、どれも非常においしかったことだけ覚えてます。ポーランド語が話せたらもっと色々な食事を楽しめたと思うと残念です。ビールは飲まなかったのか、あまり記憶にありません。もしまた訪れる機会があったら、必ず挑戦してみます。
2014年01月17日 03:07
ヨハンナさんコメントありがとうございます!
ポーランドは本当にスープがおいしくて、おつまみも種類豊富で食事に困りませんでした。
ポーランドの方はほんとうに英語が苦手なようで、友人いわく「公共機関の窓口で通じなかったのは初めて」とのことでした。
レストランに入って「ハロー!」と話しかけたらウェイトレスの女の子が逃げ出して奥から英語の話せるインド人を連れてきたことがとても印象深く、記憶に残っています。(笑)
お隣のチェコへ旅行したことのある友人曰く、「チェコ人は英語が得意」とのことなので、やはりそこは観光地としてメジャーなチェコとの違いなのでしょうか。

私もポーランドは何度でも行きたいと思いました。
ビールは本当においしいですよ!お酒がいけるならぜひ次回味わってみてください!
あおひげ
2014年06月08日 22:37
私的にポーランド料理でMVPならぬMVFはやはりジューレックですね。そしてボルシチは美味しくなかった!初ボルシチだったので私が好きじゃないだけかと思ったけど、ブログを読んで納得しましたw
アイスは確かに日本の方が美味しかったですが、また訪ポしてもあの真夏の太陽の下で老若男女皆が皆アイスを食べ歩いてるのを見たら買い求めてしまうだろうなと思いまっす^^;
突き出しの写真のお皿がポーランド食器で可愛いですね。前回全く興味なしだったのですが、今度行く時には食器も楽しみたいと思いました~(ΦωΦ)♪
2014年07月24日 15:32
あおひげさんこんにちは!
ジューレックは鉄板ですよね。
外国料理が好きな人で、あれをまずいと感じる人はいないのではないかと思います。
スイーツは、、やっぱり日本のスイーツはすごいんですよね。
(;^ω^)

この記事へのトラックバック