隠岐島 島後 【乳房杉】

ゆきねこは木が大好きです。
特に「大きな木(樹)」が好きで、「この樹はすごい。一見の価値あり。」という樹がいくつかあるのですが、
その中でも別格、今まで出逢ってきた樹の中で最も好きな樹を紹介したいと思います。
場所は隠岐島(おきのしま)、島後(どうご)。



大きな地図で見る

島根県は隠岐諸島。隠岐諸島には4つの島があります。
一般的に「隠岐島」と言えば一番面積の大きな「島後島(どうごじま)」であり、ここを島後と呼びます。
道後島の南西に位置する知夫里島(ちぶりじま)、中ノ島(なかのしま)、西ノ島(にしのしま)を島前(どうぜん)と呼びます。
隠岐島へのアクセスはフェリー、または高速線にて。
鳥取県の境港、または七類港から乗船します。(同じ海運会社ですが、出航時間によって港が違うので注意。)
(ちなみに境港は鳥取県の端っこ、ほとんど島根県の場所にあり、七類港まで近い。)

画像

画像

フェリーに揺られること2時間ちょっと。島後へ到着。
道後島は面積241.58km2で日本で15番目の大きさの島。
車やバイクで回るのにちょうどいい。ちなみにゆきねこはバイク。
真っ直ぐに目的地へ向かえば10~20分ほどで到着できたりするので、1日で観光地を一通り周ることもできます。
(しかし外周を一周しようと思うと2時間ほどかかったりするので、油断は禁物である。)
さて今回紹介するのはその名も「乳房杉(ちちすぎ)



大きな地図で見る

場所はこのあたり。林道を進んだ先にあります。
林道とは言っても舗装されており、走りやすい道です。
(ただし落ち葉など多く、道幅狭く曲がりくねっていることは言うまでもありません。サンデードライバーは注意。)
県道316号線、伊賀湖側から林道を進むか、あるいは島の東、海側の国道485号線から林道を進むかです。

画像

こんな感じで案内板があるので、見落とさなければどの林道を進めば良いかすぐにわかると思います。
林道に入ってから6km。しかし曲がりくねった道ですので、たどり着くまでには意外と時間がかかります。

画像

道を進むこと約20分。ようやく乳房杉のある場所に到着。
道幅が広くなっている場所があり、そこに車を駐めることができます。
道を進むにつれ、森が深くなりとても良い香りに包まれます。
乳房杉のあるあたりはまるでお香のような良い香り。木の香りでしょうか。

画像

画像

画像

乳房杉は御神木。鳥居が守っています。
案内板もあり、正確な場所を知らなくても林道さえ走っていればすぐに気がつきます。
そしてついに、その乳房杉を見る。

画像

お、お、お、お、お・・・。。。 (゚o゚;; ・・・


ゆきねこはこの樹を初めて見たとき、驚きと感動のあまり言葉を失ってしまいました。
事前にリサーチして写真で見ていたのですが、実際にその姿を見たときの驚きと言ったら。。筆舌に尽くしがたい。
感動で本当に涙ぐんでしまいました。w 日本にこのような場所が残っていたのか!!と。
なんという圧倒的な存在感だろうか。他とは違うその威容。まさに御神木の中の御神木という風格。
今まで大きな樹をたくさん見てきたが、これほどまでに強烈な印象を与えてくれる樹はかつて存在しなかった。。

画像

天に向かって伸びる太い幹は力強く、大地の鼓動を感じさせる。
ハヤオ・ミヤザキのアニメの中でしか見られないような世界が現実にここにある。

画像

しかしなんという形だろうか。たくさん垂れ下がる鐘乳石状の乳根。
この杉が乳房杉と呼ばれる所以。根も太く、立派である。
隠岐島は1万年以上昔に本土から分かれて、その後独自の生態系進化を遂げたとか。
杉もその例外ではなく、隠岐杉という固有種だと分かってきたようです。
もちろん指定天然記念物です。

画像

この樹は言葉では形容し難い強烈な魅力を放っていて、ゆきねこはすっかり魅せられてしまいました。
「間違いなくこれは日本一の樹。これを見るためだけに隠岐島へ行く価値はある。」と断言します。
木・樹が好きな人ならば一生に一度は見ておかないとダメ!!本気でそう断言できる唯一の樹です。
あまりに素晴らしい乳房杉と、その心地よい空間にすっかり陶酔してしまい、その場に1時間ほど留まってしまいました。
そして翌日もその他の観光予定を変更してまで、また乳房杉に逢いに行ってしまったゆきねこです。(つω-`*)


画像

力強いその造形はまるで燃え上がる炎のよう。
百聞は一見に如かず。どんなに写真を見ても、実物の素晴らしさはほんの少ししか伝わりません。
大きな木が好きな人は、ぜひぜひ、一度はこの樹に出逢ってもらいたいと願います。

画像

出逢いがあれば別れがある。時間が来てしまい、乳房杉から離れてバイクに乗るのがとても寂しかった。
実際に樹から離れるのが「寂しい」などと感じたことはあまりなかったのですが、この樹はやはり別格でした。
「またいつか逢いに来ます!それまでお達者で!」と心の中で挨拶をして、道後島を後にしたゆきねこでした。

この記事へのコメント

あお
2013年06月05日 01:02
御神木ってまっすぐ上にのびる大木を想像したのでビックリした!こういう木初めて見たよ。周りの木とも全然違うんだねぇ
2013年06月09日 17:13
あおさんコメントありがとうございます。
御神木は色々あって面白いです。
この木は別格の印象を受けました。
木が好きな人にはぜひ一度、見に行っていただきたいと思います。

この記事へのトラックバック