米沢市 福原屋 ※代が変わり味が少し変わりました

ゆきねこは親族が山形におりますので、山形も故郷のようなものです。
当然山形のおいしいものやお店も色々と通ってきました。
みなさん、ラーメンの年間消費量日本一はどこかご存知でしょうか?
札幌?和歌山?横浜?博多?
いいえ。実は山形なんです。
山形人はほんとにラーメンをよく食べます。
どこかへ食事に行こうとなると、「中華そば行くか?」です。(ラーメンではなく、中華そばと呼ぶのが一般的)
また友人や知人、親戚などが家に遊びに来ると、「そば取るから(出前)」が定番のセリフです。
中華そばが生活の一部と化しているので、各家庭にお気に入りのお店がある。
「佐藤さん所は○○食堂」「斉藤さんところは○○屋」「遠藤さんところは○○ソバ」と言った具合です。
(余談ですが山形ではなぜか「藤」の付く苗字が異様に多い)
生活に完全に密着しているんです。戦後、米が不足していた中で発達していった文化なのでしょう。
そんなこともあって、山形には非常にたくさんのラーメン屋があります。
山形ラーメンと言っても色々ありまして、同じ山形でも場所が変わればその性質も大きく変わります。
今回はゆきねこがよく行くなじみのお店を紹介いたします。場所は米沢市です。
山形県米沢市は上杉神社、直江兼続ゆかりの地として有名です。また食べ物では米沢牛も有名ですね。
米沢ラーメンは細麺、ちぢれ麺でスープはしょうゆ味であっさり。鶏がらやにぼしなどでダシを取る店が多い。
また米沢牛よろしく、牛骨でダシを取る店もあり、あっさりとした味わいの中に深みがある。
やはり消費量日本一というだけあって、レベルの高い店もたくさんあります。
お気に入りの店はいくつかあるのですが、その中でもよく行く店が「福原屋」です。
子供の頃から食べている味なので、ここの中華そばは特に思い入れが強い。

画像

いわゆる「ラーメン屋」ではなくて、色々な定食を出す「食堂」。
しかし店に来る人のほとんどは「中華そば」を注文します。米沢のラーメン屋というのはこういう感じの店が多い。

画像

店内はカウンターと座敷、テーブル席がある。真ん中にでっかいストーブがあるのが雪国を感じさせる。 (-ω-)
早速中華そばを注文する。ほどなくして中華そばが出てきた。

画像

画像

中華そば 550円


うまそう!! (*´д`*)  特に寒い冬にはたまらんものがあります。
この見た目。まさに米沢ラーメン。あっさり醤油スープに細ちぢれ麺。ではいただきます! ( ^ω^)/

画像

スープはこのように透き通っています。それでいてとてもコクのある味わい。
では麺を。

画像

まさに米沢ラーメンの麺。かん水が少なめでほとんどコシのない麺です。
「コシのない麺?それっておいしいの?」と疑問に思われるでしょうが、これが実にうまい。
米沢ラーメンのスープによくからみ、また相性も抜群なのです。
ゆきねこはコシの強い麺の家系のラーメンなども大好きなのですが、これはこれでまた違ったおいしいさ。
福原屋のスープは魚介よりも肉系の味が強く、麺は米沢ラーメンにしては太い部類に入ります。
写真を見ていただくとわかるように、スープの脂がしっかりと麺にまとわりついてきます。
あっさりだけれど物足りないと感じることはありません。福原屋のスープは米沢ラーメンとしてはコクが強く味も濃い部類です。
とは言え、米沢ラーメン以外のこってり系と比べると「超」がつくあっさりなので、こってりが苦手な人も心配無用。
麺をすすると口の中にスープの味わいが広がる。そしてこの細ちぢれ麺はのどごしが良い。スルスルとどんどん入っていく。
うまい。。。 実にうまい!!! これだからやめられない。
毎回食べる度に、「やっぱりうまいわ。やっぱりうまい。」とうなづいてしまいます。

画像

こちらはチャーシュー。
米沢ラーメンは麺やスープのバランスが良くレベルが高いのですが、チャーシューだけは全般的にレベルが低い。
これがとても残念です。ラーメンスープの中に入れてとりあえず茹でたような固いチャーシューが多い。
とは言っても最近福原屋のチャーシューは以前よりも柔らかくなった気がします。
米沢ラーメンの店の中でここのチャーシューはおいしいほうです。
米沢はなぜだか知らないけどチャーシューにはあまりこだわらないようです。 (´・ω・`)
しかし、そういった部分を差し置いても米沢ラーメンは「優れたラーメン」と言える。
実際おいしい店には何度でも足を運びたくなる。
米沢の人は中華ソバをまるで主食のように食べる。確かに米沢ラーメンってのは毎日毎日食べ続けても飽きないのです。
昼に食べても夜にはもう食べたくなってくる。そういうラーメンなのです。
ゆきねこはこってりからあっさりまで、いろんな系統のラーメン、ほとんど全部が好きです。
その中でもスープの気品高さ、麺との相性、飽きない味。米沢ラーメンはかなり好きな部類です。
なにか1つのものが傑出していてインパクトが強いわけではないのですが、全体としてよくまとまっているのです。
飾らない、控えめだが内に秘める芯は強いやまとなでしこのようなラーメンです。

画像

こちらはカレーセット。(800円)
ラーメン屋さんのカレーってスープで溶いてるからおいしいんですよねえ。
味は甘口でやさしく、昔の学校給食のカレーのよう。

画像

これが中華ソバとの相性バツグン!! ああ、、ブログ書いていて食べたくなってきた。 (*´д`*)。。

画像

夏には冷やし中華も食べることができます。
米沢の冷やし中華ってちょっと特徴的で、まずスープが酸っぱくないんです。
お酢が控えめか、まったく入っていない。その代わりにマヨネーズがのっかってきます。
変に思うかもしれませんが、これがまたとてもおいしいのです。嘘だと思う人は家で試してみましょう。

画像

こちらは焼きそば!
米沢ラーメンの店の焼きそばはラーメンの麺でそのまま焼きそばにします。
これがまたなぜか非常にうまい。焼きそばにしても良く合う麺なんですね。
そういえば米沢ラーメンって多くの店で「たくあん」が付いてくるんです。
(他にも高知県須崎市の「鍋焼きラーメン」も「たくあん」が必ず付いてきたのが記憶にあります。)

画像

細いちぢれ麺にソースがしっかりと絡む。うまい。

中華そばは安いしうまいし早いしで、ゆきねこにとってはソウルフードです。
お気に入りの店は他にもいくつかございますので、今後もぼちぼち紹介していこうと思います。
福原屋は街外れにあり、ちょっとわかりにくい場所ですが食べてみる価値はありますよ。
それではみなさんごきげんよう。 ( ^ω^)/

※ちなみに駐車場は有ります。定休日は木曜日。



関連ランキング:定食・食堂 | 南米沢駅


※冒頭タイトルに記載した通り、代が変わり味が変わったようです。以前よりも化調が弱くなりました。これを味が落ちたと感じる人もいるようですが、ゆきねこが確認したところこれはこれでありと感じます。無化調が好きな人は逆に味が上がったと感じるかもしれません。


この記事へのコメント

あお
2012年01月14日 12:48
私の小さい頃の東京も「中華そば」が主流でしたょ。東京には美味しいラーメンが少なかったので私はラーメンが嫌いで特に「中華そば」という風合いが×だからこんな美味しそうな中華そば食べてたゆきちゃんが羨ましいですw私もいつかこの美味しい中華そば食べたいですw
2012年01月14日 16:46
あおさんこんにちは。 ( ^ω^)/
中華そばの国、山形にはおいしい中華そばがたくさんありますよ。
今後もちょくちょくお店を紹介していきます。
ほんとにうまい中華そば、いつか食べれますように。
インゲン
2012年02月11日 03:57
とても美味しそうで感動しました
こねこ
2012年02月11日 04:07
初コメだお
冷やし中華が最高に美味しそ~~♪♪
大好きだから量が多そうなのが嬉しい
酸味が少なめっていうのもいいなぁ。
マヨはきっと合うに違いない!マヨは神様だから!
普通はちょっと深めのお皿なのに、どんぶりなんだねぇ。
焼きそばも大好きなのでよだれがじゅるー。
過去の記事も読みあさるね~
2012年02月11日 04:10
インゲンさんこんばんは!
ほんとにおいしいですよ!実際に食べたら、感動しすぎて絶命するかもしれません。

こねこさんこんばんは!
冷やし中華っておいしいですよね。
一年中あればいいじゃん、っていつも思います。
マヨネーズも最高に合いますよ!おうちでもやってみて!

この記事へのトラックバック