CD聴き比べ スクリャービン 幻想曲 作品28 (まとめ)

冷蔵庫の中はいつもスクリャービンでいっぱい!というほどスクリャービンが好きなゆきねこです。

画像


                             気持ち悪いわ!!!

今回、1つの曲のいろいろなピアニストによる演奏を聴き比べるという非常にマニアックな記事を書かせていただきました。
( ・ω・)つ (その1) (その2) (その3) (その4)

書いていて思ったことは、「わ、失敗したかも。」ということです。w
というのも、どうしても長くなってしまう。
ほんとうは1つの記事で全部書き上げてしまうつもりだったのですが、どうも書き始めたら長くなる長くなる。
(その1)から(その4)まで続く大きな記事になってしまいました。  どーもすみません (つω-`。)
書いている途中で思ったのですが、次回からは聴き比べなどやめて、最初からおすすめできる演奏を紹介するだけの「おすすめ演奏 紹介」の記事にするべきだとつくづく思いました。
聴き比べはおすすめできない演奏のことも紹介しなければならず、やはり不効率ですね。w
しかしこの幻想曲は自分が大好きな曲のトップ10に入るほどの曲ですので、できるだけいろいろな演奏を掘り下げてみようと思った結果の記事で、最終的には書いて良かったなと思っております。
今後は演奏を紹介するときは聴き比べではなく、はじめからおすすめの演奏のみを紹介しようと思いますが、特に思い入れの強い曲に関してはもしかしたらまた聴き比べ記事を書くかもしれません。

演奏というものには演奏家の表現力、技術、さらには人間性や感受性まで出てくるものです。
当然、聴く側にもそれぞれの感受性や思想があるわけですから、どの演奏がベストなのか、それは聴く人によっていかようにも変化します。
また楽器というものは、その楽器そのものがどのような質のものであるか、はては演奏したときの温度や湿度によっても性能が変わってきます。
同じピアニストでも毎回まったく同じ演奏をするわけではなく、年齢の変化と共に演奏者の感受性や思想も変化し、演奏そのものも大きく変わることがあります。(例えばギドン・クレーメルの弾くバッハ無伴奏パルティータは新録と旧録でだいぶ違います。)
さらにはCD音源というものは録音されたものであり、録音する環境・機材によってもまたその中身は変わってきます。
そういう意味でも、1つの演奏を聴き比べ、評価するというのは個人的な楽しみにはなっても、それが演奏家の評価を定めるような基準には本当の意味ではならないと思っています。
しかし自分はスクリャービンという作曲家には特に惚れこんでいますし、聴いてきた量も多いということで、自分なりの評価を考え、それをスクリャービンに興味ある方の参考の1つにしていただければ幸いと考え、今回このような記事を書きました。
長くなりましたが、聴き比べの結果、おすすめできる演奏を簡単にまとめたいと思います。

アレクサンドル・メルニコフ  ★★★★★ 
(万人におすすめできる演奏。ダイナミズム、叙情性、幻想性、テクニック、あらゆる要素で非常に優れた演奏。)

高橋多佳子          ★★★★
(表現力が高く、テクニックも高い。幻想曲の魅力がよく出ている。)

アレクサンダー・ヴァウリン ★★★
(叙情性や幻想的な空気の表現が上手い。技巧を見せつけるような演奏からは見えない幻想曲の魅力を出している。)

マルカンドレ・アムラン   ★★★
(テクニック的に完璧。恣意的な要素も少なく、ピアノ学習者にとって最高のお手本。スクリャービン音楽の深みとしては少し浅い。)

ベルント・グレムザー   ★★★
(ダイナミックな表現でかつ小気味良いテンポ。軽く弾き飛ばしている感もあるが、おそらくこの演奏が1番という人も多い。)


以上5人の演奏が特におすすめできるものだと思います。
この5人の演奏は人によって好みは分かれるでしょうが、いずれにしてもどの演奏もクオリティが高く、聴いておいて損はない演奏と言えるでしょう。

さて、長くなりましたが、これでスクリャービン・幻想曲の聴き比べ記事を終わりたいと思います。
今回紹介した13人以外のピアニストによる幻想曲の演奏ももちろんたくさんございます。
ネット上で聴けるものもございますし、みなさんもいろいろな演奏を聴き(別にこの曲に限った話ではなく)演奏家による表現の違いというものを楽しまれてはいかがでしょうか。
最後になりましたが、こんなマニアックな記事を読んでいただいた方々、ほんとうにありがとうございました。
また幻想曲で良い演奏をみつけたら、(その5)を書くこともあるかもしません。 (^ω^;)
それではみなさん、ごきげんよう。 ( ・ω・)/


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

げん
2019年05月05日 04:41
たまたま拝見しましたが、様々な演奏を比較されて、音楽的にも深く掘り下げて頂き、勉強になりました。
ありがとうございます。
お薦めに従い、さっそくCDも購入しました!
2019年05月06日 18:58
げんさんコメントありがとうございます!
一つの曲の聴き比べを掘り下げて書いてみた記事だったのですが、お役に立てたようで非常に嬉しく思います。
ブログ更新頻度が低いのですが、今後も音楽系の記事は書いていきたいと思っていますので、お暇な時にでもご興味があれば立ち寄ってみて下さいませ。
引っ越し後ブログ↓
https://yukineko222.com/
ありがとうございました。

この記事へのトラックバック